株式会社セントラルアーキが提供する
ドローンを活用した3次元データ活用支援サービス

国土交通省は平成29年度から始めるICTの全面的な活用による3次元データを駆使した測量から検査、維持管理でCIMを推進するこ流れとなっています。

例えば、従来の手法では広大な敷地に対して測量を行う場合、3人で3日はかかっていた河川(10ha程度)の測量がドローンを使った場合、わずか1日で撮影し、画像処理も1日で完了することが可能となります。

コストの面でも大幅な削減が可能となります。精度的にも関連技術の向上により、大幅に高いレベルでのデータが取得できます。



ドローンを活用した3次元データ支援サービスをご希望の方は、お気軽に株式会社セントラルアーキまでご連絡ください!

UAV(ドローン)による撮影・調査の3大メリット

ドローンを活用した撮影・調査・測量の主なメリットは

①圧倒的低コストで安全に上空から撮影できる
②作業時間の大幅短縮
③写真を解析し精度の高い3次元データを作成可能


という点です。従来からの手法に対し極めて高いコストパフォーマンスを示します。

ドローンの活用

三次元点群データの活用


画像を解析し3次元化するソフトにより3次元スキャナーがなくても点群データの作成が可能


【起工測量~設計・施工計画】ICT技術の全面的な活用


各種成果品の納品 (平面図、縦横断図、コンタ等) は任意のデータ形式で出力可能です。お気軽にお問い合わせください。

ドローン測量活用によるコスト削減が見込める事例




岡崎でのドローン測量は株式会社セントラルアーキまでお気軽にご相談ください!先進のシステムとサポートで必ずご満足いただけることを確信してます。


eyecatch1

Page Top